東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ

夏目漱石について

大正元年漱石肖像写真

(神奈川近代文学館提供)
画像の無断転用を禁じます。

夏目漱石について

夏目漱石(本名、夏目金之助)は、慶応3年(1867 )、江戸牛込馬場下横町(現在、新宿区喜久井町)に生まれた。幼くして養子に出された。
東京帝国大学卒業後、松山中学校、熊本第五高等学校などで英語を教える。
明治33年(1900)から明治35年(1902)まで、英国へ留学する。
帰国後、東京帝国大学などで教鞭を取るが、明治38年(1905)、「ホトトギス」に『吾輩は猫である』を連載、明治40年(1907)には教職を辞し朝日新聞社に入社する。以後、朝日新聞に『虞美人草』、『三四郎』、『それから』、『門』、『彼岸過迄』、『行人』、『こゝろ』、『道草』、『明暗』などを連載する。
大正5年(1916)12月9日、胃潰瘍のため死去。

copyright(c) 1995-2016 Tohoku University Library 著作権・リンクについて