[Web開催 12/20(日)]東北大学狩野文庫デジタルアーカイブシンポジウム「江戸に学び、江戸に遊ぶ」

 本学ではこのたび、東北大学狩野文庫デジタルアーカイブシンポジウム「江戸に学び、江戸に遊ぶ」を開催します。
 本学は、国文学研究資料館による「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」事業に参加しております。同事業において、本学所蔵の狩野文庫和書2万5千点のデジタルアーカイブ化に取り組んでおり、その第一弾として2020年9月24日に232点が公開されました。
 これを記念して、国文学研究資料館長のロバート キャンベル氏にご講演いただきます。また、当該事業の概要、狩野文庫のデジタル化計画や活用事例を紹介するとともに、デジタルアーカイブの今後について議論します。

東北大学狩野文庫デジタルアーカイブシンポジウム「江戸に学び、江戸に遊ぶ」

日時: 2020年12月20日(日)14:00~16:00
開催方法: Zoomによるオンライン開催(事前申込制)
参加定員: 1,000名まで(先着順) ※参加者多数の場合、先着順となります
参加費用: 無料
申込方法12月20日(日)12:00をもって締め切りました。
※申込後に返信メールが届かなかった場合、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
 以下の原因などが考えられます。
 ・入力したメールアドレスに誤りがあった
 ・迷惑メール判定されてしまった
申込締切: 2020年12月17日(木) → 20日(日)12:00まで延長いたします。
プログラム
<開会挨拶> 有光 秀行 (東北大学附属図書館副館長)

<講演>
 「日本古典と感染症」
 ロバート キャンベル (国文学研究資料館長)

<パネルディスカッション>
 パネリスト:ロバート キャンベル (国文学研究資料館長)
       佐倉 由泰 (東北大学文学研究科教授、国文学研究資料館 拠点連携委員)
       三角 太郎 (東北大学附属図書館情報サービス課長、国文学研究資料館 拠点連携委員)
 コーディネーター:大隅 典子 (東北大学附属図書館長)

<閉会挨拶> 柳原 敏昭 (東北大学文学研究科長)


主催: 東北大学附属図書館、東北大学文学研究科
共催: 国文学研究資料館
お問い合わせ: 東北大学附属図書館
lib_symposium2020あっとgrp.tohoku.ac.jp (あっとは@に置き換えてください)

ポスター(クリックするとPDFファイルが開きます)
ポスター


関連リンク
「古典の百科、江戸学の宝庫」東北大学狩野文庫をデジタル公開へ
「日本語の歴史的典籍の国際共同研究ネットワーク構築計画」事業

図書館のみらい基金

東北大学附属図書館は、知の遺産を未来につなぐための基金を設置しております。

←お知らせ一覧へもどる

(c) 1995-2021 Tohoku University Library 著作権・リンクについて