東北大学附属図書館 震災ライブラリー


    東北大学附属図書館では、2011年3月11日に発生した東日本大震災の経験を役立てるとともに、 今後永く受け継いでいくために、震災関連資料を収集し、保存しています。収集した資料は、館内の震災関連資料コーナー「震災ライブラリー」で公開しています。
    震災でどのような出来事があったのかを知り、震災の経験から学ぶために、震災ライブラリーをぜひご利用ください。


公開資料(2017年3月2日現在)

資料リストはこちらからダウンロードできます。
図書・雑誌・CD・DVD等の最新の所蔵状況は東北大学附属図書館OPACで確認できます。
  (詳細検索画面で、右下の「配架場所」を「本館震災ライブラリ」に指定して検索してください。)


1. 図書 約4,018点
分類別図書数
分類冊数
A(政治・法律・行政)170
D(経済・産業)768
E(社会・労働)1,608
F(教育)239
G(歴史・地理)142
H(哲学・宗教)65
K(芸術・言語・文学)370
M(科学技術)170
N(科学技術:原子力工学など)151
P(科学技術:化学・化学工業など)4
R(科学技術:農林水産学など)57
S(科学技術:医学など)169
U(学術一般・ジャーナリズム・図書館・書誌)105

2. 雑誌・新聞 1,442点

3. CD・DVD等 158点

4. ポスター・地図類 129点

5. チラシ・パンフレット等
  チラシ・パンフレット等の現物は、震災ライブラリーで公開しています。
  資料の分類・配列は「分類表」をご参照ください。

また、インターネットでの公開許諾を得た約1,000点のチラシ・パンフレット等を、震災ライブラリーオンライン版で公開しています。
図書、写真、過去の地震・津波の記録を一部含みます。



利用案内
・場所:東北大学附属図書館本館(川内キャンパス)1号館2階グローバル学習室
川内キャンパスアクセスマップ 20番が図書館です。)

・利用時間:東北大学附属図書館1号館の開館時間と同じです。
(詳しくは開館カレンダーをご覧ください。)

・震災ライブラリーの資料は館内のみでの利用となります。貸出は行っておりません。
(学生用図書コーナーなどに、貸出可能な複本がある場合があります。)

・一般の方もご利用できます。

リンク
資料ご寄贈のお願い
現在も資料を収集しています。これはぜひ残したいという資料がございましたら、ご提供をお願いします。

震災記録を図書館に
震災関連資料の収集・保存・公開を行っている岩手、宮城、福島の大学・公共図書館の共同キャンペーンです。

みちのく震録伝
東北大学災害科学国際研究所が実施している、東日本大震災のアーカイブプロジェクトです。図書館とも連携して事業を実施しています。



Copyright(C) 2014-2016 Tohoku University Library