貸出・返却


資料を入退館ゲートの外へ持出す場合には,必ず貸出手続きをしてください。
  • 学生閲覧室にある図書は自動貸出装置で手続きを行ってください。
  • その他の資料は借りたい資料と利用証をカウンターの職員に提示してください。(コンピュータ貸出ができない資料は「借用証」に記入していただきます。)

返却期限は、手続き時に付くしおりかMyLibraryで確認してください。
資料の又貸しは絶対にしないでください。トラブルの原因になります。


学外の方の貸出・返却
以下と条件が異なりますので「学外の方へ」をご覧ください。
下記は学内者の場合です。

貸出冊数・期間

貸出条件表

※1 書庫内個人文庫含む
※2 古典資料、大型コレクション及びその他館長が指定したもの
※3 国際機関資料及び経済統計資料

夏季・冬季・学期末休業中は学生閲覧室の貸出期間を延長します。
 詳しくは、図書館ウェブサイトお知らせ欄、館内掲示でお知らせします。


貸出できない資料
1. 図書の背に緑の「参考書」シールや赤の「禁帯出」シールがあるもの。主に辞書・事典類が該当します。
2. 未製本雑誌
3. 新聞
4. 貴重図書
5. 視聴覚資料

更新(継続貸出) ※学内者のみ
貸出中の資料の更新可能回数は、上表の通りです。製本雑誌は更新ができません。
MyLibraryの「貸出・予約状況照会」画面から[延長]ボタンで更新できます。
更新後の返却期限日は、更新手続きをした日から貸出期間の日数分延長となります。

ただし、下記の場合は更新手続きを行うことができません。

・ 延滞している資料がある場合
・ 他に予約が入っている場合
・ 更新の制限回数に達した場合
・ 貸出停止期間内の場合
・ 在籍期間を超えた場合

返 却
返却する場合は、貸出を受けたカウンターに資料をお持ちください。利用証は必要ありません。必ず本人が返却してください。

予 約
利用したい資料が貸出中の場合は、予約ができます。
MyLibrayから予約手続きを行ってください。
MyLibraryへログイン → 蔵書検索 →所蔵表示にある「予約/取寄」をクリック

延滞した場合
8日以上延滞すると7日間の貸出停止になります。延滞中は新たな貸出はできません。

教員・名誉教授の方は、学生閲覧室・グローバル学習室の資料を8日以上延滞すると7日間の貸出停止になります。延滞中は新たな貸出はできません。

なお、本館での罰則は分館には影響しません。

借用図書についての問い合わせ
MyLibraryの「貸出・予約状況照会」で確認できます。

紛失した場合、損傷行為について
閲覧または貸出中の資料を紛失、損傷した場合は必ずカウンターにその旨を届けてください。
同一の資料で弁償していただきます。詳しくはカウンター係員に相談してください。
なお、図書への書き込みも一種の損傷行為となります。絶対におやめください。



問合先:メインカウンター
    電 話:022-795-5943
    FAX:022-795-5949
    メール:main-counter@grp.tohoku.ac.jp(@は半角で)



更新日 2017年9月7日