2011
2011年10月1日(土)〜10月17日(月)、世界の貧困解消を呼びかけるため、
国連と貧困をなくすために活動する世界最大のNGO連合体GCAPが協力して、
世界的キャンペーン「STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ・テイク・アクション)」が行われました。
東北大学附属図書館では、国連寄託図書館としてこのキャンペーンに参加し、
10月17日(月)15:00、本館常設展エリアにて”スタンド・アップ”しました。

2012
 平成24年(2012)10月1日(月)〜10月17日(水)、世界の貧困解消を呼びかけるため、国連と貧困をなくすために活動する世界最大のNGO連合体GCAPが協力して、世界的キャンペーン「STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ・テイク・アクション)」が行われました。
 国連寄託図書館である東北大学附属図書館では、このキャンペーンに参加し、10月16日(火)11時に、この度リニューアルしたメインフロアにて”スタンド・アップ”しました。

2013
平成25年(2013)9月14日(土)〜10月20日(日)、世界の貧困解消を呼びかけるため、国連と貧困をなくすために活動する世界最大のNGO連合体GCAPが協力して、世界的キャンペーン「STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ・テイク・アクション)」が行われています。
国連寄託図書館である東北大学附属図書館では、このキャンペーンに参加し、10月15日(火)15時に、改修工事に伴い現在臨時開館している2号館の入口付近にて”スタンド・アップ”しました。
スタンド・アップした参加者には、「途上国のいまをしっかりとみて、深く感じてきます」「世界の出来事、ニュースをきちんと見る・知る!」「自分の廻りを見て今できることを考える」といった貧困を終わらせるために自分ができるメッセージを掲げてもらいました。