(展観目録第125号)
ドストエフスキーに関する図書展目録
 
 日 時  昭和46年7月6日(火)、7日(水) 各午後1時より4時まで
 場 所  東北大学附属図書館会議室
 
〜 著作とその翻訳 〜
1. Belye nochi「白夜」Moskva i Leningrad, Izd. Khudoshestvennoi Leteratury, 1963.
2. Zapiski iz mertvago doma「死の家の記録」Peterburg, Prosveschh, n. d.
3. Prestyplenie i nakazanie「罪と罰」Tom. 1. Peterburg, 1867.
4. Brat'ia Karamazovy「カラマゾフの兄弟」Tom. 1-2. Berlin, Ladyzhnikov, 1919.
5. The brothers Karamazov「カラマゾフの兄弟」tr. by C. Garnett. Chicago, Ency. Brit. 1952.
6. The gambler and other stories「賭博者・その他」tr. by C. Garnett. London, 1923.
7. 罪と罰 坪内士行脚色・翻訳 (早稲田文学 第116号 大正4, 7)
8. 悪霊  森田草平訳 国民文庫刊行会 大正6
9. □(ワニ) 森 鴎外訳 岩波 昭和14(森 鴎外全集 翻訳篇 第12巻)
10. 作家の日記 米川正夫訳 河出書房 昭和23(ドストエフスキイ全集 43)
11. 死の家の記録 上・下 中村白葉訳 創芸社 昭和27
12. 罪と罰 米川正夫訳 河出書房 昭和29(ドストエフスキイ全集 新装   普及版 6)
 
〜 著作集 〜
13. Polnoe sobranie sochinenii mnogochislennymi prilozheniiami. Tom. 20-21. Peterburg, Prosveshchenie, n. d.
14. Samtliche Werke, hrsg. v. Moeller van den Bruck. Abt. 1, Bd. 1-6, 9, 10, Abt. 2. Bd. 12, 15, 18-20. Munchen, Leipzig, Piper, 1907-1911. 13 v.
15. The novels of Fyodor Dostoevskii. tr. by C. Garnett. London, 1923.
16. ドストエフスキイ全集 河出書房新社 昭和32.
17. ドストエフスキイ全集 筑摩書房 昭和39-.
 
〜 関係文献 〜
18. F. M. Dostoevskii. v. vospominaniakh sovremennikov. Tom. 1-2. Pod. obshchei red. V. V. Grigorenko i dr. Moskva. Izd. hydozhestuyennaia Literatyra, 1964.
19. Autobiographische Schriften, F. M. Dostojewski. Munchen, Piper, 1923.
20. Fyodor Dostoevsky, a critical study, by Murry, J. Middleton. London, Secker, 1916.
21. Dostoievsky: his life and literary, by Evgenii Soloviev. tr. from the russian by C. J. Hogarth. London, Allen & Unwin, 1916.
22. Dostojewski, v. Andre' Suare's. Munchen, Wolff, 1921.
23. Dostojewski: als religjose Erscheinung, v. Theophile von Bodisce. Berlin, Paetel, 1921.
24. Dostoievsky(articles et causeries), par Audre' Gide. Paris, Lib. Plon, 1923.
25. Dostojewsky: Geschildert, von seiner Tochter A. Dostojewsky. Munchen, Reinhardt, 1923.
26. Drei Meister: Balzac, Dickens, Dostojewski, v. S. Zweig. Leipzig, Insel. -Verl., 1923.
27. Dostojewski: Skizze zu seiner Psychoanalyse, V. J. Neufeld. Leipzig, Internat. Psychoanalytischer Verl., 1925.
28. Dostojewski: der Dichter, V. Meiner-Graefe, Berlin, Rowohlt Verl., 1926.
29. Dostoievski, par Henri Troyat. Paris, Lib. Artheme Fayard, 1960.
30. ドストエフスキイ 森田草平 岩波 昭和7(岩波講座 世界文学 第4冊)
31. ドストエフスキー覚書 森有正 創元社 昭和25
32. ドストエフスキー(作家論) アンドレ・ジイド 新潮社 昭和26(アンドレ・ジイド全集 第14巻)
33. ドストエフスキー研究 米川正夫  河出書房 昭和31
34. 日本文学とドストエフスキー 小沢政雄(文学 vol. 24. 岩波1956. 9)
  ドストエフスキーの位置 埴谷雄高(同上掲書)
35. ドストエフスキーの世界観(ベルジャーエフ著作集2) 斎藤栄治訳 白水社 1962
36. 日本近代文学においてのドストエフスキー(小田切秀雄著 日本近代文学の思想と 状況 検19世紀ロシア文学との関係) 法政大学出版局 1965
37. ドストエフスキー論 −肯定と否定− シクロフスキー著・水野忠夫訳 勁草書房 昭和41
38. ドストエフスキーの生活 小林秀雄 新潮社 昭和42(小林秀雄全集 第5巻)
39. 悪の哲学 −絶望からの出発− シェストフ著・植野修司訳 雄渾社 1967
40. ドストエフスキーの哲学 和辻哲郎・高坂正顕・森有正・四谷啓治・ 唐木順三(座談会) 創文社 昭和42
41. ドストエフスキー論 −創作方法の諸問題− M.バフチン著・新谷敬三郎訳 冬樹社 昭和43
42. トルストイかドストエフスキーか ジョージ・ステイナー著・中川敏訳 白水社 1968
43. ドストエフスキー E. H. カー著・松村 達雄訳 筑摩書房 昭和44 (筑摩叢書 106)
44. ドフトエフスキー・裁判記録 ベリチユフ編 中村健之介訳 現代思潮社 1971 (ロシア群書 5)