東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ


■3月10日


学問は智識を増す丈の道具ではない性を矯〔た〕めて真の大丈夫になるのが大主眼である真の大丈夫とは自分の事ばかり考へないで人の為世の為に働くといふ大な志のある人をいふ然し志許〔ばかり〕あつても何が人の為になるか日本の現在ではどんな事が急務か夫々熟考して深思せねば容易にわからない是が智識の必要なる点である
(明治35年(1902)3月10日 夏目鏡宛て書簡)
(『漱石全集』 第22巻)


参考文献



Copyright(C) 2009 Tohoku University Library 著作権・リンクについて   etsu2@library.tohoku.ac.jp