東北大学附属図書館 夏目漱石ライブラリ


■1月6日


 御風邪の由御大切に可被成候。五日の拙稿御ほめに預かり難有候、小生老人を以て自ら居り大兄青年を以て自ら任ず、左すれば小生の書いたものが一回だも君の気に入るは、却つて小生の若き所を暴露したるに等し。呵々。
(明治44年1月6日(金) 阿部次郎あて書簡)


※阿部次郎から「思ひ出す事など」を褒められて。明治44年1月5日の『朝日新聞』には、「思ひ出す事など」(二十)が掲載された。
参考文献


Copyright(C) 2009 Tohoku University Library 著作権・リンクについて   etsu2@library.tohoku.ac.jp